浅草酉の市ホーム淺草酉の市ニュースご利益福めぐり洒落て学ぶ粋に遊ぶ関連リンク酉の市交通ガイドマップ








第五話:落し咄し酉のまち
今回は天保7年(1836)に刊行された初代林屋正蔵師匠の著作になる落語集「おとしばなし年中行事」の中から「11月酉のまち」を三酉亭千鳥足師匠に口演していただきましょう。

えーぇ、本日はようこそのお運びで、、、毎度ばかばかしいお咄しでございますが、、、どうぞひとつお付き合いのほどを。。。
さても、毎年この節は立つ鳥、来る鳥、悲喜こもごもでございますな。ト言うわけでもないんでござんしょうが、酉の町の鳥尽くしを演っておくれとお声がかかりましてね。酉の町って申しましたら霜月11月が相場と決まってますよ、あなた。そう申し上げたんですよ。そしましたらね、昔は3月にも開帳したってんですから。江戸の3月はこの節の4月じゃありませんか、まして、ね、気を取り直してよーく思案してみたら、こちらの席亭さん、のべつ幕無し、年がら年中酉の市お演りなすってんでしょ、有り難くお受けいたしましたよ。

【出典:続日本随筆大成別館12 民間風俗年中行事 吉川弘文館】
ちょっと絵が見ずらいのですが、花魁の衣装の紋は千鳥で文様は鳳凰です。「鳳凰の籠のうしろに鷲の宮」(121丙22)と川柳にあるように花魁を鳳凰にたとえていました。これは「酉の市にかこつけてお目当ては吉原詣で」を詠んだものです。

浅草の鳥ごえ明神鳥居前に、鳥飼鳥右衛門といふ富家の息子に、 鳥之介とて古今の鳥好き、今日は霜月の初の酉の日ゆゑ、鷲大明神へ参詣して、帰り足に吉原の仲の町、若屋の見世先門口から
鳥之介 「どふだ此の頃は」
女房 「これはこれは鳥さん、今日は初酉ゆへ、大方お立寄りは有らうと存じて心まちをしておりました。
マアマアこちらへ、
これとりやとりや(注1)、お茶をお上げ申しな。もし旦那へ、今日の私が拵え(こしらえ)を御覧じて下さりませ」
鳥之介 「上着が山鳩ねずみの縮緬、紋が雁がね、下着が茶、中形の縮緬、帯が烏羽繻子とは有りがてへ」
女房 「あなたのお気に合ふ鳥好きの大夫(たゆう)が昨日ひろめをいたしました」
鳥之介 「それは妙だの、呼んでくんねへな」
女房 「これ鳥助や、鳥好きの大夫さんを、さう言いな。マアおさかづき一つ召し上がりまし。お肴を早くよ」
   
といふうちに表へ来たる黒出(いで)たちの大夫芸者
勘左衛門 「ヘイこれは旦那さま初めてのお目見得。からす勘左衛門と申しまする。これから細く永く御贔屓(ごひいき)をお願い申しあげまする」
鳥之介 「お前も鳥好きだね」
勘左衛門 「左様にござります」
女房 「お前のひたいに瘤が出来たがどうぞおしかへ」
勘左衛門 「おかみさんへ、お聞きなさいまし今屋の裏を通ると、土蔵の修復で、左官が才取棒(さいとりぼう)(注2)で下から土を出してゐました、その左官の土が日傭(ひよう)取り(注3)の顔にへかかりますと、サア料簡しませぬ。争ひとなるところへ私が通りまして、才取りと日傭取りの中人(なかうど)が鳥好きの私、とたんの拍子に才取棒が当たって瘤が出来ました、粗(あら)々瘤の因縁かくの通りでござります」
勘左衛門 「鳥と言えば、私が近付きの人が、町へ見世を出しましたが、家内が残らず鳥好きさ」
 
勘左衛門 「まづ、売り物が、菜飯(なめし)も古いからと、ほととぎす菜飯と言ふを出しました」
鳥之介 「ほととぎす菜飯はいいね」
勘左衛門 「いいへ、てっぺんから掛け(注4)になりました。そこで今度は鳶(とんぴ)麦飯(むぎめし)と言ふを始めました」
女房 「鳶麦飯とはへ」
勘左衛門 とろろ(注5)で食わせると言ふ心さ、肴は茄子のしぎ焼き、はまぐりの千鳥焼き、かつをの雉子(きじ)焼き味噌さざい、酒は本所一つ目酒屋の鳳(おおとり)、女房が三十二三だか、ちとふけてちょつと見ると四十雀(から)、母親がとりあげて親父が料理番の手間とりさ」
鳥之介 「それは本のことかへ」
勘左衛門 「残らずうそでござります」
 
注1) とりやとりや:どりゃどりゃ
相手を促したり、自らを鼓舞するときに用いる語。どれ。さあ。
注2) さいとり
イ)才取:左官の弟子で壁土や漆喰を才取棒(先端に容器を取り付けた棒)に載せ、足場の上にいる左官に差し出す者。
ロ)刺捕、刺鳥:さしとりの転。先端に鳥もちを塗った竿を用いて、鳥を捕まえること。また、それを生業とする人。とりさし。
【出典:角川古語大辞典】
注3) 日傭取り:日雇い人足
注4) てっぺんから掛け:ホトトギスがキョキョキョと鳴く声を俗に「てっぺんかけたか」と言い表す。
注5) とろろ:トンビの鳴き声「ぴーひょろろ}に掛ける。
初代林屋正蔵とは:
現在までも続く落語家の名跡林家正蔵(四代目までの亭号は林屋)の初代。天保13年(1842)6月63才で没。怪談噺を得意とし今ではその祖と称せられる。両国で自前の席亭を経営し、咄本、滑稽本などを著作し、狂歌や浄瑠璃語りにも巧みであったといわれる。
 
   
  千鳥足師匠の熱演、いかがでした。
咄し創りの名手正蔵師匠といえどもシリーズ12作となれば上手の手から筆が滑ることもありましょう。もしや、この11月は?文字を追うとちっとも面白くありません。口演はやっぱり聞くもの、見るもの、ですよ。
 
   
  サイト紹介
  【だくだく】http://www.dab.hi-ho.ne.jp/ensou/index.html
・落語家 三遊亭圓窓師匠が運営するサイト。とにかく面白い。必見。


 
浅草酉の市サイトマップ | ご感想、質問、お問い合わせ | 酉の市携帯サイト | English
 このサイトは江戸時代から酉の市を開いている、浅草田圃酉の寺「長國寺」がリリースしています。
 酉の寺 長國寺 / 〒111-0031 東京都台東区千束3-19-6 TEL.03-3872-1667
© Copyright 2002-2003 Juzaisan Chokoku-ji All Rights Reserved.