浅草酉の市ホーム淺草酉の市ニュースご利益福めぐり洒落て学ぶ粋に遊ぶ関連リンク酉の市交通ガイドマップ












*文末に(武)とあるのは武江年表から記載
江戸酉の市   長國寺/浅草酉の市
   


     
    建長 5 1253 宗祖日蓮上人 法華宗を開く
    文永 2 1265 宗祖日蓮上人 鷲妙見大菩薩(鷲大明神)勧請
文永の役(蒙古来襲) 1274 文永 11    
    建治 3 1277 大本山鷲山寺開山
   


     
徳川家康 江戸幕府開く 1603


慶長 8    
   




寛永 7 1630 日乾上人 浅草鳥越にて長國寺開山
本山鷲山寺の鎮守 鷲妙見大菩薩(鷲大明神)の出開帳
    寛永 12 1635 浅草寺町 天台宗龍宝寺地内に移転
島原の乱起こる 1637 寛永 15    
鎖国の完成 1641 寛永 18    
「毛吹草」
<三島酉市11月中酉>の記載
1645 正保 2    
明暦の大火 吉原遊廓 浅草千束に移転 1657


明暦 3    
花又の鷲大明神 石灯ろう建立
(1661年建立と一対)
1659 万治 2    
花又の鷲大明神
11月 石灯ろう建立
1661 寛文 元    
    寛文 8 1668 2月4日長國寺類焼
    寛文 9 1669 現在の地 浅草千束に移転
菱川師宣(浮世絵師)の
見返り美人図
1672 寛文 12    
市川団十郎江戸に歌舞伎の
<荒事>を開く
1673 寛文 13    
深川八幡宮(寺社境内)での
勧進相撲の始まり
1684


貞享 元    
このころ浮世草子全盛        
    元禄 3 1690 4月8日鐘楼堂建立
松尾芭蕉 奥の細道
芭蕉 没(51才)
1694 元禄 7    
       
赤穂浪士討ち入り 1702 元禄 15    
    宝永 元 1704 11月半鐘建立
芭蕉の弟子
榎本其角 没(47才)
1707 宝永 4    
「諸国年中行事」
操巵子(そうしし)著刊行
<伊豆三島 酉の市>の記載
1717


享保 2    
花又の鷲大明神 手水石建立 1730 享保 15    
「江戸砂子」<鶏大明神花又村11月酉の日市立3ツある時共に市也、近在より集り繁盛の市>の記載 1732 享保 17    
「続江戸砂子」<鷲大明神花又11月酉の日参詣群衆す>の記載 1735 享保 20    
鈴木春信 錦絵創始
多色摺り版画始まる
1765


明和 2    
川柳句集
「誹風柳多留」初版刊行
       
この頃江戸に絵草紙起こる        
花又の鷲大明神
9月 石灯ろう建立
(1776年建立と一対)
1771 明和 8 1771 当山13世日玄上人 鷲妙見大菩薩(鷲大明神)を本山鷲山寺から長國寺へ勧請 番神堂に安置する
田沼意次 老中となる 1772 安永 元    
黄表紙・洒落本の流行の始まり   安永 4    
「半日閑話」 <花又の鷲大明神(本の酉)での辻賭博禁止>の記載 1776 安永 5    
花又の鷲大明神
5月 石灯ろう建立
       
花又の鷲大明神
2月 一の鳥居建立
1778 安永 7    
千住勝専寺の鷲大明神(中の酉) 7月1日より芝愛宕社地にて
出開帳(武)
       
花又の鷲大明神 3月に開帳(武) 1784 天明 4    
この頃狂歌が全盛となる        
喜多川歌麿絵
版元蔦屋重三郎による
1786 天明 6    
狂歌絵本「絵本江戸爵」刊行        
松平定信 老中筆頭となり倹約令 1787 天明 7    
この頃から江戸で読本が興隆する 1791



寛政 3    
佐竹藩8代義敦の弟佐竹義方
花又の鷲大明神に扁額を奉納
1792 寛政 4    
         
    文化 元 1804 11月24日社前に 狛犬一対建立
花又の鷲大明神
11月 手水石建立
1808 文化 5    
花又の鷲大明神
正月酉の日 狛犬一対建立
1812 文化 9    
    文政 6 1823 3月 鷲大明神開帳(武)
花又の鷲大明神
2月 石灯ろう建立
1828 文政 11    
「十方庵遊歴雑記」
大浄敬順 完成
1829 文政 12    
         
花又の鷲大明神
9月 常夜灯一対建立
1831 天保 2    
「江戸名所図会」斉藤月岑 完成 1836 天保 7    
「東都歳事記」斉藤月岑 刊行 1838



天保 9    
この頃滑稽本・人情本全盛   天保 10 1839 9月当山21世日迅上人
鷲大明神の社前に石鳥居建立
水野忠邦 天保の改革 1841 天保 12    
中村座 市村座 森田座が浅草観音近くに集められ芝居町の猿若町となる 1842 天保 13    
花又の鷲大明神
11月 二の鳥居建立
1843 天保 14    
    嘉永 元 1848 11月当山22世日庸上人
社前に水屋建立
3月29日から30日間
花又の鷲大明神開帳(武)
1849 嘉永 2 1849 この年長國寺 酉の市に開門せず諸人門外から参詣し 商人は通年どうり出店(武)
歌川広重
「絵本江戸土産」刊行始まる
1850 嘉永 3    
米使ペリー浦賀に来航 1853 嘉永 6    
花又の鷲大明神 秋田佐竹藩が幕命により10月7日 本殿上棟 1854



嘉永 7    
    安政 2 1855 「武江地動之記」10月の大地震で<中田圃鷲明神社潰る、石鳥居無事。 11月酉の祭り思ひの外参詣群集せり>の記載
歌川広重
「名所江戸百景」刊行始まる
1856 安政 3    
安政の大獄 1859



安政 6 1859 11月8日酉の祭 大雨、昼から晴れるが参詣人少ない(武)
桜田門外の変 1860 万延 元    
    文久 元 1861 10月18日社前にて 狛犬一対再建
    文久年号   新吉原奉献 石常夜灯一対建立
    文久 2 1862 7月28日から60日間 鷲大明神開帳
        麻疹などの流行で参詣者少ない。
(武)
11月酉の日 下谷要伝寺
巣鴨霊感院 鮫が橋
1864 元治 元    
本迹寺など酉の祭り始める(武)        
雑司が谷鬼子母神内 鷺明神に酉の祭り始まる(武) 1865 慶応 元    
花又の鷲大明神
11月 手水石建立
1866



慶応 2    
         
明治維新 神仏分離令発布 1868


明治 元 1868 神仏分離で、当山は長國寺と鷲神社になる
        当山21世日迅上人還俗の後 鷲神社初代宮司となる
牛島の佐竹侯下屋敷の大鷲明神 毎月酉の日に参詣をゆるす(武 1872 明治 5    
明治5年12月3日を 明治6年1月1日と改め以後太陽暦に 1873 明治 6    
花又の鷲大明神 本殿竣工 1875 明治 8    
    明治 12 1879 鷲妙見大菩薩を鷲明王とも称する公称式挙行(11月22日)
    明治   当山の山号を 本立山改め鷲在山とする
   

大正 4 1915 国際通り拡幅のため寺領の一部を提供
        墓所移転
        本堂を江戸期の了遠院から本来の位置(現在地)に移すことの許可出る
    大正 6 1917 当山27世日秀上人 本堂落慶
    大正 12 1923 9月1日の関東大震災で全焼
    大正 13 1924 日秀上人 仮本堂建立
   
昭和 20 1945 3月10日の東京大空襲で全焼
    昭和 24 1949 当山28世日雄上人 本堂落慶
   
平成 2 1990 山門落慶
    平成 4 1992 本堂落慶
●主要参考文献
「本山鷲山寺青表紙」他古記録    
「御府内寺社備考」 朝倉 治彦・中村 安孝編 名著出版 S62年3月
「江戸地誌叢書巻5
 新編江戸名所図誌」
近藤 義休 [著] 有峰書店 S49年9月
「略縁起集成 第1巻」 中野 猛 [編] 勉誠社  1995年2月
「全国寺院名鑑」改訂版 全日本仏教会 [編] 寺院名鑑刊行会 S44年3月
「故事類苑」神祇部   吉川弘文館
「守貞漫稿」 喜多川守貞 [著] 嘉永6年(1853)上梓
「江戸砂子」 小池章太郎 [編] 東京堂出版 S51年8月
「江戸双書」江戸惣鹿子名所大全
「江戸双書」江戸風俗惣まくり
「江戸双書」砂子の残月
「江戸双書」遊歴雑記
「江戸双書」安政乙卯 武江地動之記
江戸双書刊行会 [編] 名著刊行会 S39年9月
「江戸名所図会」 斉藤幸雄,幸孝,幸成 [著] 天保7年(1836)上梓
「東都歳事記」 斉藤月岑 [著] 天保9年(1838)刊行
「萍花漫筆」下巻 桃花園三寿 [著] 刊行年不詳
「江戸府内絵本風俗往来」 菊池貴一郎 [著] 東陽堂 M38年(1905)
「東京名所図会」下谷区上野公園之部 宮尾しげお [監修] 睦書房 S43年9月
「日本随筆大成」第1期8 半日閑話 森銑三・北川博邦 [編] 吉川弘文館 1980年
「続日本随筆大成」
 民間風俗年中行事 上下
森銑三・北川博邦 [編] 吉川弘文館
「毛吹草」 文庫 竹内 若 [校訂] 岩波書店 1943年12月
「江戸学事典」縮刷版 西山 松之助他 [編] 弘文堂 H6年2月
「日本風俗史事典」縮刷版 日本風俗史学会 [編] 弘文堂 H6年2月
「江戸東京学事典」 小木 新造他 [編] 三省堂 1987年12月
「武江年表」1・2 斉藤月岑 [著]
金子光晴 [校訂]
東洋文庫 1968年6.7月
「日本史年表・地図」 児玉 幸多 [編] 吉川弘文館 1995年4月
「江戸東京年表」 吉原健一郎 大濱徹也 [編] 小学館 1993年3月
「江戸歳時記」 宮田 登 [著] 吉川弘文館 S56年7月
「酉の市と熊手」 松沢 光雄 [著] 古今書院 S54年5月
「江戸・もうひとつの風景」 鈴木一夫 [著] 読売新聞社 1998年11月
「大江戸寺社繁昌記」    
「江戸年中行事と際物」 葛飾区郷土と天文の博物館 [編] H7年3月
「江戸の大変」天の巻 稲垣 史生 [監修] 平凡社 1995年7月発行
「明治ニュース事典」 明治ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ出版
1983年1月
「大鷲神社史誌」 大鷲神社 [編・発行] H7年3月
「勝専寺 パンフレット」 勝専寺 [編・発行]  
順不同・敬称略
浅草酉の市サイトマップ | ご感想、質問、お問い合わせ | 酉の市携帯サイト | English | 淺草酉の寺 長國寺
 このサイトは江戸時代から酉の市を開いている、浅草田圃酉の寺「長國寺」がリリースしています。
 酉の寺 長國寺 / 〒111-0031 東京都台東区千束3-19-6
© Copyright 2002-2003 Juzaisan Chokoku-ji All Rights Reserved.