浅草酉の市ホーム淺草酉の市ニュースご利益福めぐり洒落て学ぶ粋に遊ぶ関連リンク酉の市交通ガイドマップ











鷲が獲物をしっかりと捕らえることになぞらえて、運を鷲づかみすると言われるように、鷲の4本ツメのうち3本を熊手の手に、1本を柄とした3本ツメの熊手が後に5本ツメになり、「運をかっこむ」熊手守りになったと言われます。

戦場に赴く武将が神仏に戦勝を祈願する際に軍扇を奉納し、めでたく勝ち戦にて帰陣したさいには、軍扇は熊手のように反り返った骨だけになっていたことから、その故事にあやかって「開運を招く」熊手守りになったとされます。

酉の市の始まりは江戸近在の農村である、葛西花又村の収穫祭と言われます。その日は鎮守である鷲大明神に市がたち、農具や地域の農産物が露店で商われました。
それらの中で、落ち葉などを「掃き込む、かき込む熊手」と大きな唐の芋「頭の芋」、粟で作った黄金色の「黄金餅」が、江戸市中からの参拝者が増えるに従い実用性より、洒落っ気を加えた縁起物へと変化していったと伝えられます。

明和8年(1771)頃から盛んになった浅草長國寺の酉の市では、花又で商われる熊手よりずっと大きく華やかな縁起熊手が出現し、後にはかんざし熊手など多種多様の熊手が人気となります。

酉の市に酉の寺長國寺から授与される「かっこめ熊手守り」

 

浅草酉の市サイトマップ | ご感想、質問、お問い合わせ | 酉の市携帯サイト | English | 淺草酉の寺 長國寺
 このサイトは江戸時代から酉の市を開いている、浅草田圃酉の寺「長國寺」がリリースしています。
 酉の寺 長國寺 / 〒111-0031 東京都台東区千束3-19-6
© Copyright 2002-2003 Juzaisan Chokoku-ji All Rights Reserved.