曆酉の市に熊手、理由は?

熊手が酉の市の縁起物になった言い伝えは三つ。
------------------------
(1)熊手のツメで運を鷲づかみ:鷲がツメで獲物をガッチリ捕らえる事になぞらえた。
------------------------
(2)戦勝を願った軍扇:勝戦を願い神仏に奉納した軍扇が、勝って戻ると熊手のように反り返った骨だけになっていた。この二つの理由から「財宝をつかむ」「運を勝ち取る」熊手守りになったという。
------------------------
(3)実用の農具から江戸っ子の洒落がきいた縁起物へ:酉の市の始まりは江戸近郊農村の収穫祭といわれる。ここで売られた、落ち葉などをかき込む熊手が江戸市中からの見物人が多くなると、お宝を詰め込んで「運をかっ込む」「福をはき込む」縁起熊手になったといわれます。
------------------------



TOP
Email