運を開いて福を呼び込む、江戸時代から変わらない開運招福
の守り熊手で、長國寺で授与していました。

江戸時代から変わらない
[かっこめ熊手守り]
東都歳事記に描かれた頭や襟に「かっこめ熊手守り」を差す参詣のひと

小さな竹の熊手にたわわに実る稲穂を付けたお守りで、福をかっ込むという江戸っ子らしい洒落が利いています。江戸時代には髪や襟首に差すと強運に恵まれるといわれ、絵にも描かれたものでした。

一年間、福をかっ込んでくれた守り熊手や、縁起熊手は感謝を込めて、長國寺山門前の熊手納め所に納めます。そして来る年の一層の幸いを願って新たな熊手をもとめるのが良いとされます。納められた熊手は、祈祷師によって丁重に浄められます。
山門前の熊手納め所
納められた熊手を浄める祈祷の僧侶

酉の寺長國寺のお守り受け所
お守りを授与してくれる福娘

※お守りの名前・画像の部分にマウスを合わせると、説明が表示されます。 

【開運大熊手守り】
1ツ¥2000
【かっこめ熊手守り】
1ツ¥1000
【交通安全守り】
1ツ¥700
【良縁守り】
1ツ¥700
【学業守り】
1ツ¥700
【鷲妙見かっこめ守り】
1ツ¥1700/限定授与
【金運かっこめ守り】
1ツ¥1200
【小判守り】
1ツ¥700
 
小さな絵馬に希望校と名前を自分で書き、願いを込めて麻ひもを絵馬の穴に「通して、結ぶ」ことで、試験に通り実を結ぶお守り。
【金運大熊手守り】
1ツ¥2500
【開運置型熊手】
1ツ¥1500
浅草酉の市サイトマップ | ご感想、質問、お問い合わせ | 酉の市携帯サイト | English | 淺草酉の寺 長國寺
 このサイトは江戸時代から酉の市を開いている、浅草田圃酉の寺「長國寺」がリリースしています。
酉の寺 長國寺 / 〒111-0031 東京都台東区千束3-19-6
© Copyright 2002-2003 Juzaisan Chokoku-ji All Rights Reserved.