[開運招福の守り本尊]
鎌倉時代、文永2年(1265年)宗祖、日蓮大聖人が上総国鷲巣(かずさのくにわしのす-千葉県茂原市)の小早川家(現在の大本山鷲山寺)に滞在の折、国家平穏を願って祈ったところ、にわかに明星(金星)が動き出し不思議な力をもってして現れ出でたと伝わるのが鷲妙見大菩薩といわれます。それは11月酉の日のことでした。七曜(しちよう)の冠を戴き宝剣をかざして鷲の背に立つ姿から「鷲大明神」とか、「おとりさま」と呼ばれてきました。

この鷲妙見大菩薩は出現が11月酉の日であることにより、その日をご開帳日と定め、以来、開運招福の守り本尊として広く尊崇されています。

 

浅草酉の市サイトマップ | ご感想、質問、お問い合わせ | 酉の市携帯サイト | English | 淺草酉の寺 長國寺
 このサイトは江戸時代から酉の市を開いている、浅草田圃酉の寺「長國寺」がリリースしています。
酉の寺 長國寺 / 〒111-0031 東京都台東区千束3-19-6
© Copyright 2002-2003 Juzaisan Chokoku-ji All Rights Reserved.